血液サラサラにする効果があるウォーキング。

ウォーキングは血液サラサラ効果が期待できます。身体には10万キロメートル(地球2.5周分)の血管(動脈・静脈・毛細血管)が全身を巡っています。この場合にストレス・体質・たばこ・食生活等のなんらかの理由により血管の血流が悪くなる場合があります。この場合の対策として、血液サラサラにするにはウォーキング等の有酸素運動が血管の血液を効率良くサラサラにする効果があります。というのも、有酸素運動は、随時酸素を身体に供給し続けエネルギーを多く消費します。エネルギーを多く消費するという事は血管の血糖値を下げますが、その結果、血管が広がるので全身にある血管の血流が改善します。更に、血管が広がると体内にある老廃物がより多く体外に排出されるので血液の流れを阻害するものが少なくなりますので、血液がサラサラになります。血管の血流が良くなると、全身に存在する血管を通して各細胞に酸素や栄養がより多く供給されるので、身体の各細胞は活性化して代謝が上がり、エネルギーを身体がどんどん消費していきます。エネルギーを消費する身体になれば先に説明した通り、血管の血糖値は下がり血管が広がります。この様な作用が期待できます。但し、この場合にはある程度継続してウォーキングを行わないといけませんし、時間にして最低20分は行わなければ有酸素運動によるエネルギー消費はあまり期待できません。この方法は他の有酸素運動と比べて年齢性別問わずだれでも無理なく行える方法になります。